hamburger icon close icon

BlueXPのランラムウェア対策は、オンプレミスとクラウドの環境全体にわたるデータ ソースのスキャンでセキュリティの脆弱性を特定し、現在のセキュリティ状況とリスク スコアを提供します。さらに、これらを踏まえた実践的な提案事項が提供されるので、お客様は詳細な調査を進めたり提案に基づいて修正したりできます。

データ資産全体にわたってセキュリティの脆弱性を検出して対応

Ransomware Protection 1-1

アラートと推奨アクションを提示

  • 環境のサイバー レジリエンスを評価して、色分けして表示
  • セキュリティの問題が見つかった場合や、ランサムウェア攻撃が疑われる場合に、自動的にアラートをトリガー
  • 潜在的なリスクの解決手順と併せて、推奨されるフォローアップ アクションを提示
Ransomware Protection 2-1

セキュリティ体制の詳しい全体像を提示

2-Oct-31-2022-05-23-40-4754-PM

機密性の高いアイテムが含まれるデータ ソースを表示

3-Oct-31-2022-05-23-40-5234-PM

スキャン済みファイルのアクセス レベル分布を表示

1-Oct-31-2022-05-23-40-4244-PM

データ ソース全体のファイル暗号化率を表示

ONTAP環境を強化

セキュリティに関するNetAppのベストプラクティスに従って環境のセキュリティを追跡

  • ONTAPデータ ソースのリスクを色分けして表示
  • ONTAPベースのサイバー レジリエンス機能のステータスを表示
  • 設定ミスを修正するためのBlueXPの機能にアクセス
Ransomware Protection 4-1

データ中心のランサムウェア対策

真の包括的なセキュリティ機能は、ランサムウェア対策にデータ中心のアプローチが必要です。このガイドブックでは、ランサムウェアの脅威の全貌およびBlueXPランサムウェア対策を使用したデータ中心の保護スタンスの作成方法について紹介します。

詳細はこちら
Purple _ebook copy 2