hamburger icon close icon

BlueXPの分類サービスを使用すると、組織のハイブリッド マルチクラウド全体でデータにわたってスキャン、分類できます。AIベースの自然言語処理(NLP)を活用してデータをコンテキストに基づいて分析、カテゴライズするので、データから実用的なインサイトを入手して、コンプライアンス要件への対応、セキュリティ上の脆弱性の検出、コストの最適化、移行の加速に活かすことができます。

データ資産全体にわたって分類

すべてのオンプレミスおよびクラウド環境にわたってファイル ストレージ、オブジェクト ストレージ、データベースをスキャン、プロファイリング

classification-2

重要な情報を収集、分析、分類

  • タイプ、サイズ、時刻属性、所有者、ユーザ / グループのアクセス許可などのファイル情報を収集
  • データを分析してメール アドレス、クレジット カード番号、IBAN、国民識別番号、IPアドレス、パスワード、民族的出自、信仰、民事訴訟歴といったPIIを特定
  • PIIを機密レベル(標準、個人、機密個人)とカテゴリ(人事、法務、マーケティング、営業、財務など)に分類
Classification 2

すぐに利用できるガバナンス インサイト

  • コスト削減の余地 - 古いデータ、重複データ、ビジネスと無関係なデータ
  • 概要レベルのデータ情報と完全なデータ マップ
    • 機密レベル別の上位データ リポジトリ
    • 権限が制限されていないデータ
    • データの経過時間とサイズ
    • カテゴリ、ファイル タイプ、AIPラベルに基づいてデータを分類
classification-4

すぐに利用できるプライバシー インサイト

  • PIIの分布を機密レベル(標準、個人、機密個人)で分類して表示
  • PIIが含まれるファイルとデータベース テーブルを一覧表示
  • データ主体アクセス要求(DSAR)に対応するために、プライバシー リスク評価、PCI DSS、HIPPAなど各種レポートを生成
classification-5

ユーザ定義のカスタム インサイト

  • さまざまなフィルタを使用してデータを整理:機密レベル、所有者、アクセス許可、ラベル、時刻属性、サイズ
  • 構造化、非構造化、ディレクトリの各ビューでデータをソート
  • オフライン分析のために、ダウンロード可能なレポートを生成
Classification 5

インサイトに基づいて対策を実施

  • 事前定義されたポリシーとカスタム ポリシーを使用して、自動的にアラートを送信、AIPラベルを割り当て、ファイルを削除
  • より細かくデータをカテゴライズするために、タグとAIPラベルを適用、管理
  • フォローアップ アクションのために ユーザを特定のファイルに割り当て
  • ファイルをコピー、移動、削除して、ストレージのコストと利用率を最適化し、セキュリティ標準に準拠し、クリーンな移行を実行
Classification 6

BlueXPの分類サービスがエンタープライズ ストレージ内の保護されていない個人データを見つける仕組み

BlueXPの分類サービスは、データの格納場所、データ量、利用状況を把握できるようにして、最新のIT環境に伴う複雑さを解消できるように組織を支援します。
詳細はこちら
N_Blog copy 3

価格設定

分類をはじめとするBlueXPの機能の価格設定の詳細を確認できます

料金一覧を見る